ここ2年間のヨーグルトというキーワードの検索件数の傾向

ヨーグルトに興味をお持ちの方は、とても多いです。少なくともそれは、インターネットでの検索件数によって証明されています。
その乳製品に興味をお持ちの方は、たまにネットで検索をしている訳ですが、ヨーグルトというキーワードでの検索件数は非常に多いですね。毎月コンスタントに、40万件以上になっている状況だからです。それはすなわち、世間ではヨーグルトに興味をお持ちの方が多い事の証明です。

年明けと春に需要が増えるヨーグルト

ところでヨーグルトというキーワードの検索件数は、季節と大きな関係があります。結論を申し上げれば、1月と2月と春の時期に、そのキーワードでの検索件数が上昇する事が多いのです。しかも総合的な検索件数も、ここ最近は増加傾向にあります。

まず去年のデータなのですが、1月と2月の検索件数はかなり多かったのですね。その2つの月はそれぞれ42万と46万という検索数になっていたからです。

ちなみにそれは、去年の検索件数としてはかなり多い方です。去年1年間は、総じて40万件弱が平均値だったからです。ですので少なくとも、1月と2月の検索件数が多かった事だけは、確実でしょう。

それと前述の春の時期なのですが、概ね4月や5月に件数が増える傾向があります。まず去年の4月と5月ですが、それぞれ40万と44万前後という状況になっているのです。
また今年に入ってからはその検索件数の増加が顕著で、例えば4月などは63万件前後になっていました。翌月なども、60万件前後ですね。

今年になってからの数値としては、かなり高い方です。今年は、概ね50万件台半ばが平均値になっているからです。ですのでヨーグルトというキーワードでは、主に4月と5月に多く検索されている事だけは確実でしょう。

さらにそのヨーグルトというキーワードの検索件数が、ここ2年間で大きく増えている事も確実ですね。去年が平均40万で、今年が55万前後だからです。
上記のような検索件数の状況になっている理由は、恐らくインフルエンザと花粉症です。1月や2月などはインフルエンザが流行しがちですし、4月や5月などは花粉症でお悩みの方が増えるのですね。それでヨーグルトに対する需要が増えて、検索件数に反映されていたのだと思います。ヨーグルトの中のビフィズス菌や乳酸菌はインフルエンザの予防効果が見込めますし、花粉症にも効果が見込めるからです。

またここ最近の増加傾向も、ちょっと興味深いですね。ここ最近は腸内環境に興味をお持ちの方も増えているようですが、それも検索件数が増えた一因なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です